LYONTABI

フランス南東部リヨンの観光・生活情報ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【旅のトラブル】列車の遅れ①「SNCFから弁当ボックスの無料配布」

20180724072541bd3.jpg

パールデュー駅で、フランス西部のナント行きの列車を待ってるところです。

黄色い発車時刻の左に、

白く「a l'heure」と書かれてたら列車は予定通り、

黄色く「retard 2h00」のように、“retard”の文字と時間が書かれてたら、列車が遅れてます。

今日乗る予定の16h30発Nantes(ナント)行きは、2時間遅れ

そのほかにも、黄色い列車の遅れのマークが多数並んでました。ブリュッセル行きの列車は、4時間遅れだって…。

遅れや発車時刻が変わるやもしれないので、暇つぶしに駅を離れるわけにもいかず、駅構内で待ちぼうけしました。2時間過ぎたのに、時刻掲示板の情報更新も遅れてて更新されず、詳しい情報のアナウンスも入らないなど、ハラハラドキドキでした。

1530821810253.jpg

結局2時間半遅れて、19時に発車。

16時の列車を予約しましたが、18時発の列車の方が先に出発しました。

SNCFから、列車遅れのおわびに弁当ボックスの無料配布

1530820034064.jpg

発車してから数分後、「車内食堂の4号車で、切符をお持ちの方にCoffret repas(お弁当)を配布しています。」とアナウンスが流れました。

列車の遅れのお詫びだそうです。フランスでこういうサービスを受けるのは初めてだったので、半信半疑だったのですが、食堂車へ行くと行列ができてました。

1530820879771.jpg

通常の食事販売はお休みで、食事販売のレジカウンターで、2人のスタッフが無料の弁当を配布していました。

2枚の切符を見せて、「2人分お願いします。」と言って、弁当箱を受け取りました。

特に名前をチェックするわけでもなく、見せるだけでもらえたので、交代で2回並ぶ人ととかいそう。

1530820097849.jpg

ややズシっとして、何が入ってるのかわくわくするサイズと重みの箱。

気になる箱の中身は、

1530820148908.jpg

SNCFの遅れのお詫びと、「30分以上の列車遅れの場合20~75%の返金があります」といった情報の紙が入ってて、

それから食べ物が、水、サラダ缶、チョコチップクッキー、ミニグリルパン、飲むフルーツピューレ、レーズン、フランス人が大好きな甘酸っぱいイチゴフレーバーの砂糖菓子TAGADA(タガダ)、そして、色鉛筆…?

サラダ缶をのぞいて、子供用のお菓子箱みたい(子供用というわけではなく、大人もこれだった)。パスタサラダの缶詰は、家に帰ってから食べてみたけど、すごく、すご~く、美味しくなかった。

ですが、こういったサービスは珍しいので嬉しかったです。(電車が遅れないのが一番なんだけどね。)

1530821174421.jpg

食べ物と一緒に入ってた「色鉛筆の謎」は、

箱の底に入ってた子供用のぬり絵ノートを見つけて解決しました。

しばらくすると、弁当の品切れアナウンスが入りました。

「次の駅でまた積むので、その時お知らせします」とのことでしたが、数分後、

「8号車に他の弁当が積んであるのを見つけたので、配布します」とアナウンスが入りました。

この適当加減、さすがです。

⇒【旅のトラブル】列車の遅れ②「列車が遅れた場合、乗換えはどうなる?」

につづく

スポンサーサイト

【工事情報】リヨン・パールデュー駅の待合室が新しくなってた

1530821238111.jpg

パールデュー駅周辺エリアの大規模な改装工事で、駅の様子もいろいろ変わってました。

2018年7月5日の駅のようすです。

1530821346577.jpg

玄関ホールには大きなテントが張られてて、

20180724065750dbc.jpg

右側の隅に切符販売機と時刻掲示板があります。

1530822223251.jpg

入口のドアとガラスの壁が取り払ってありました。

1530821508615.jpg

時刻掲示板のスクリーンが新しく設置されてました。

1530821447867.jpg

駅構内の真ん中の待ち合い席が、新しくなってました。

コンセントとUSBコンセント付きのソファーが登場。

201807240658037b5.jpg

2つ目の待合室も新しくなってました。

201807240703571ea.jpg

以前はただのベンチでしたが、新しい座席は充電用コンセントもついたふかふかソファー。

【基本情報】リヨンのエリアガイド

リヨンエリアマップ©2018-lyontabi

旅行準備の最初に、ざくっとリヨンのエリアを知っておくと、宿泊先、滞在日数、観光プランを決めるのにスムーズです。

主要駅や観光で覚えておきたいスポット名を図にまとめてみました。

エリアマップの見方

リヨンは、全9区から成り立っています。

ソーヌ川とローヌ河の2つの川が流れ、町は西の「旧市街側」、真ん中の「半島(プレスキル)」、東の「パールデュー側」の3つのエリアに分かれています。

各地についてるポイントのうち、黄色いマークのスポットは必ず訪れたい観光スポット、ピンク色のマークは時間がある時と2日目観光におすすめです。

到着する、リヨン空港、パールデュー駅、ペラーシュ駅の位置を確認して、到着・出発時間に合わせて、アクセスしやすい宿泊スポットを決める参考にしてみてください。観光に便利なのは、2区の「ペラーシュ駅」~「テロー広場」のエリアです。

※パールデュー駅から伸びている赤い線の方向に、リヨン空港行のトラムが走っています。空港から市内へ約30分でアクセスできます。

リヨンのおすすめ宿泊エリア

エリアガイド

ソーヌ川 La Saône

旧市街と半島の間の川。半島から眺める旧市街側のカラフルな家街並みが魅力です。ソーヌ川から、コンフリュアンス行きの水上バスや観光クルーズが出ています。裁判所前の赤い橋のたもとで、毎朝マルシェが開かれています。丘の上のフルヴィエール大聖堂が真正面に見える1番おすすめの夜景スポットです。近くに、レストラン街メルシエール通りやリヨン名物のだまし絵もあります。

ローヌ河 Le Rhône

エメラルドグリーンの川と青空、遮るものない風景が魅力。ローヌ河の散歩道は、エリアマップ7区の黄色いマークの位置から、対岸の旧市民病院「グラン・オテル・デュー」と背景にフルヴィエール大聖堂が眺められます。静かな朝、天気のいい日中、夜の美しい夜景を歩いてみて下さい。夏は夕涼みに、船のバーや芝生で乾杯するリヨンっ子たちが集まって、遅くまでにぎわいます。毎週木曜の夕方には、フードワゴンがならぶローヌ河のマルシェが開かれます。

旧市街側

中世からルネッサンス期の街並みが残る石畳の通りは、日曜日もお店が開いている観光名所。1998年世界遺産「リヨン歴史地区」に登録されています。

5区 旧市街とフルヴィーエルの丘

◆旧市街/ヴューリヨン Vieux Lyon

リヨン観光のメインスポット。石畳の通りにはブションやお土産屋さんがたくさん並び、年中観光客で賑わっています。抜け道「トラブール」や伝統人形劇キャラクター「ギニョル」を発見しながら、歴史ある街並みを歩いてタイムスリップ気分をあじわってください。


◆フルヴィーエルの丘 Fourvière

観光名所の「フルヴィエール大聖堂」と「古代ローマ劇場」があるフルヴィエールの丘。旧市街のヴュー・リヨン駅からケーブルカーが出ています。展望台で街を一望した後は、オタール公園の庭を通って、茶色い屋根の街並みを眺めながら階段を歩いて下るのがおすすめ。

9区 バーブ島

川沿いの旧市街の街並みと、緑あふれる美しい景色がみどころの穴場観光スポット。北の小さな「バーブ島」まで、サイクリングやセグウェイ、クルーズ観光、2階立てバスツアーのコースに最適です。ソーヌ川沿いを走る市内バス31番と40番に乗って、風景を楽しみながらアクセスする方法もおすすめです。

半島/プレスキル Presqu'île

ローヌ川とソーヌ川に挟まれた半島エリア。縦長の2区は2つのエリアに分けてご紹介します。

2区 ベルクール周辺

◆コンフリュアンス

港のあるショッピングモール、省エネルギーの住宅やオフィスなど、外観もユニークな現代的な建物が建ち並ぶ都市開発地区です。ソーヌ川上流の旧市街からコンフリュアンスの港まで、片道2ユーロの水上バスに乗ってクルーズ気分を味わいながら行くのがおすすめ。エコな街づくりを目指し、港の近くを無人の自動運転シャトル「ナヴリ」の無料の試験運転しています。ソーヌ川とローヌ川の合流地点には、宇宙船のようなガラス張りのコンフリュアンス博物館が建っていて、ここからリヨンの街が一望できます。

◆ベルクール

リヨンの中心地「ベルクール広場」は、ルイ14世の騎馬像を真ん中に、フルヴィエールの丘が見える大きな広場です。各地からアクセス便利で、旅のスタート地点におすすめです。広場の一角に、無料公衆トイレと観光案内所があります。

主要駅ペラーシュからベルクール広場までは、商店街のヴィクトル・ユゴー通りをまっすぐ歩いて13分です。隣のオーギュストコント通りは、アンティークショップが集まる通りです。

ベルクール広場~1区テロー広場まで続くメインストリート「レピュブリック通り」周辺は、お店が建ち並ぶショッピングエリアです。時間がある人は、レピュブリック広場、ジャコバン広場、メルシエール通りを歩きながら、テロー広場まで歩いてみて下さい。ライトアップした夜の美しい通りを歩けば、ヨーロッパの旅気分にどっぷり浸れます。

1区 オテル・ド・ヴィル/テロー広場

テロー広場周辺は、リヨン市庁舎、リヨン美術館、オペラ座が見どころです。

クロワルースの丘への坂道は、最初は緩やかな坂道、やや急な坂道、最後に急な坂道になっていて、道が平らになると4区のクロワルースに到着です。若いクリエイターが集まるエリアで、一風変わったストリートアート、おしゃれなカフェやハンドメイドの小さな雑貨店など、細い路地のあちこちに発見できます。地下鉄C線でアクセスできますが、時間がある人は、「グランドコート坂」を通って上りか下りをぜひ歩いてみてください。目印のマークを探しながら、迷路のような抜け道「トラブール」の散歩ルートを歩くのも楽しいです。

4区 クロワルースの丘

クロワルースの丘は、18世紀から19世紀にかけて、何千もの絹織物の工房が集まる「職人の丘」と呼ばれていました。地下鉄C線クロワルース駅前の広場には、ジャガード織りの自動織機を発明したリヨンの発明家「ジョゼフ・マリー・ジャカール」の像がたっています。クロワルースの職人や人々の暮らしのようすが描かれただまし絵「カニュの壁」は必見です。そのほか、絹織物職人「カニュ」の家を保存し、手織機と機械織機の見学ができる博物館もあります。

クロワルース駅前の大通りで開かれる、リヨンで一番大きな朝市「クロワルースのマルシェ」は、日曜観光におすすめです。

パールデュー側

6区 テットドール

6区は、リヨンの高級住宅街。オペラ座からローヌ川の橋を渡ったフォッシュ駅~マセナ駅の間に、有名パティスリー「ベルナション」があります。ここでしか食べられない花弁のチョコレートケーキ「プレジダン」は、リヨン観光の定番です。

観光地の中心からやや離れますが、地下鉄A線ブロト駅周辺は、おしゃれなレストランやカフェがあり、主要駅パールデュー駅から近いのでビジネス滞在の人におすすめのエリアです。

2日以上観光滞在できる人は、リヨンっ子の憩いの場「テットドール公園」で湖でボートに乗ったり、動物園やバラ園をのんびり散歩がおすすめです。

3区 パールデュー

旅行者の玄関口、主要駅パールデューを中心としたビジネス街。茶色のえんぴつ型をした、リヨンのシンボルタワー「トゥール・パールデュー」が目印です。

空港から市内をつなぐトラムが到着するのは、駅の東側。駅構内を通って、西側に出ると市内中心への地下鉄があります。駅前のリヨンで一番大きいショッピングセンター「ラ・パールデュー」で、お土産探ししたり、3階(日本の4階)にある大型スーパーや0階の薬局で必要なものをそろえられます。

7区 ギヨティエールとジェルラン公園

ベルクール広場から橋を渡ったところのギヨティエール地区は、アラブ系、アフリカ系などさまざまな人種の集まる移民街です。小さな中華街があり、長期滞在のアジア系食材の買い物に便利です。観光の中心から若干外れますが、徒歩や地下鉄でアクセスできる距離なので、地下鉄B線沿いでアクセス便利な安いホテルを探せる穴場スポットです。

ジェルラン公園~8区までのエリアは、おもに住宅街です。

8区 モンプレジール

おもに住宅街ですが、時間のある人は、映画発明者リュミエール兄弟の工場跡地として有名なモンプレジール駅の「リュミエール博物館」。25枚の巨大な壁画が描かれたアパート群「トニー・ガルニエ都市博物館」を訪れてみてください。

【便利情報】リヨンのコインランドリー「ラヴリー」Laverie 6kg3.60€~

20140211_旧市街_コインランドリー

旅行中洗濯をしたい時は、コインランドリーへ。リヨンの街中にあちこちあります。

コインランドリーは、フランス語でラヴリー(Laverie)。かわいい(ラブリー)に似てて、覚えやすいですね。

写真は、観光スポット歴史地区旧市街のコインランドリーです。

【Laundromat - In St. Paul washhouse, Lyon】
所在地 22 Rue Juiverie, 69005 Lyon
営業時間 6h - 22h
料金 6kg 3.80€~
URL www.aulavoirdesaintpaul.sitew.com

宿泊先周辺のコインランドリーを探す

Google mapで、laverie lyonと検索すると、地図に出てきます。

リヨンのコインランドリー検索方法

①Google mapを開いて、laverie lyonを入力して検索。

②宿泊先を中心にして、地図のサイズを探したい範囲に合わせる。

③上に出てくる「このエリアを検索」をクリック。

洗濯した範囲が出てこない時は、ズームアウトして地図の範囲を広げ、もう一度「このエリアを検索」をクリックしてください。

そうすると、赤いピンで表示されます。

リヨンのコインランドリー検索方法(2)

クリーニング屋さんや洗濯系の販売店も含まれるので、それぞれの赤いピンをクリックして、コインランドリーかどうかチェックしてください。だいたい写真が表示されるので、見てわかります。

コインランドリーの利用

20180625_コインランドリー (1)

近所のコインランドリー。窓に大きく文字がたくさん書いてあります。

場所によって少し勝手が異なると思いますが、今回はややレトロなタイプを例にご紹介します。

営業時間

ここは毎日営業(”7J/7”が目印)で、7時~20時まで。

検索したら、22時までやってるところもありましたが、だいたいどこも7時~20時くらいで、毎日営業してるようです。

利用料

20180625_コインランドリー (2)

洗濯物の容量ごとに値段が分かれていますが、慣れてないとどのくらいかわからないですよね。

1人の1週間の旅行なら、5・6kg用でだいたい事足ります。2人旅行で厚めのバスタオルを数枚足したとしても、8kgでもう十分なサイズです。

ちなみに、フランスの一般的な洗濯機の容量は5~6kg。小さなアパート暮らしで人気なのは、コンパクトな3kgです。(5kgの洗濯機より珍しくて、値段が高め。)

近所のコインランドリーの料金表には、5kgで3ユーロと書いてありましたが、5kgの洗濯機はなく、8kgからでした。ほかのコインランドリーを見ると、だいたい6kgからで、3.60~3.80€でした。

支払い機と洗剤自販機

20180625_コインランドリー (7)

1回分から買える洗剤自販機があります。

フランス巡りなど、長い旅行をするなら、スーパーで粉末を固めた小分けの洗剤を買った方が安いですが、1回程度なら自動販機の利用が便利です。

これとは別に、柔軟剤専用の自販機もあります。

洗剤の値段

・Lessive poudre(粉末洗剤)…0.50€ la dose(1杯)

 こちらでは、1杯が5kg分。2杯で8kg分。

・Désinfectant(洗濯消毒)…0.80€

・Ariel(アリエールのタブレット洗剤)…1€

Cajoline adoucissant(カジョリーヌの柔軟剤)…0.60€

 日本ではファーファの名前でお馴染み、クマが目印の柔軟剤のブランド。

支払い

20180630_コインランドリー (1)

カードが使えない自販機もある

ここは、コインとお札のみで、カードは使えません。

支払い機に、カード払い機械のついたコインランドリーもあります。

1セント、2セント、5セントは使えませんが、10セントコインから使えるので、財布にたまった小銭を片付けることができそうです。(使える枚数が決まってる機械もあるので、入れすぎに注意。)

もしコインを入れたのに動かない!など問題があったときは、近くに電話番号が書いてあるはずです。

洗濯機 Lave linge

20180625_コインランドリー (5)

機械にそれぞれ番号がついてます。(右上のところ)

左側にある、番号に赤い文字でArretと書かれた△のシールが貼られてる機械は、故障中みたいです。

≪洗濯機の使い方≫

1、空いてる洗濯機に洗濯ものを入れて、扉を閉める。

2、洗濯のプログラムを選ぶ。

3、支払い機にお金を入れ、自分の選んだ乾燥機の番号のボタンが光ったら押す。

ここでは、30分で終了しました。(フランスの家庭用洗濯機は普通2時間以上かかるので、早くてびっくり。)

洗濯のプログラム

20180630_コインランドリー (2)

フランスの洗濯機は、硬水のため汚れが落ちにくいため、30~40℃で洗うのが一般的です。高温にすれば汚れがよく落ちますが、色落ちして、生地が痛みます。

- 白(Blanc)/熱湯(Chaud) 80℃

- ポリコットン(Polycoton)/お湯(Tiede) 50℃ (ハリのある素材で耐久性に優れしわになりにくい生地もの)

- 色物(Couleur)/ぬるま湯(Tiede Moyen) 30℃

- 色物・デリケート(Couleur・Fragille)/冷水(Froid)

乾燥機 Sechoir

20180625_コインランドリー (6)

≪乾燥機の使い方≫

1、空いてる乾燥機に洗濯ものを入れて、扉を閉める。

2、温度を選ぶ。

3、支払い機にお金を入れると、使用可能な各機械の番号ランプが光るので、自分の選んだ乾燥機の番号のボタンを押す。

4、乾燥機に戻って、緑のスタートボタンを押す。

1ユーロで10分です。

【行事】フランス中が音楽であふれる「音楽の祭日 2018」vol.3 ~リヨン1区オペラ座周辺~

1530176038340-800x533.jpg

音楽の祭日 2018 vol.2 ~リヨン2区レピュブリック通り~の続きです。

ルイ・プラデル広場

オペラ座のとなりのルイ・プラデル広場で、ライブやってました。

デジレ通り(Rue Desiree)の路地を通って、リヨン市庁舎のある「テロー広場」へ向かう途中。

このクロワルースの丘の麓と坂道は、地元の若いクリエイターのお店が集まるエリアです。迷路のような路地に、あちこちユニークなお店を発見できるので、ショッピング好きの2日目の街歩きにおすすめです。

テロー広場で、クラシックの生演奏

1530176118436-800x533.jpg

市庁舎前で、「リヨン国立管弦楽団」が野外コンサートをしてました。

広場の噴水側にならぶバーは、リヨンっ子のサッカー観戦人気スポットです。

コンサートの観客とバーのお客さんで、すごい人混みでした。

テロー広場からの帰り道

1530176227675-800x533.jpg

スーパー「モノップ」

営業時間 8時30分~0時00分(日曜日は13時まで)

リヨン美術館のすぐ隣。繁華街のスーパーはこの時間まで営業してるんですね。

近所のスーパーは、夜20時半頃には閉店します。

1530176249589-800x533.jpg

22:00 サン・ニジエ教会の裏通り

1530176378255-800x533.jpg

リヨンの老舗カフェに、フランスの3色旗トリコロール発見。

サッカーワールドカップ2018のため、アパートやバーの窓など、街中を歩いてると国旗が飾られてるのをよく見ます。

【カフェ】日曜日も開いてる!リヨンの老舗「グラン・カフェ・デ・ネゴシアン」

夜のライトアップがロマンチックな「ジャコバン広場」

1530176424940-800x533.jpg

自転車アイスクリーム屋さんが、夜もカラフルライトをつけてピカピカ走ってました。

ジャコバン広場に着いた時に聞こえる歌声は、バーでサッカー見てる人たちが歌ってる声です。

まだまだ眠らぬローヌ河とギヨティエールのバー

家に帰って、窓の外から聞こえる音楽が止んだのは、午前2時頃でした。

音楽&お祭好きな人は、ぜひ音楽の祭日にフランス旅行に訪れてみてください。

【今回の散歩ルート】

【行事】フランス中が音楽であふれる「音楽の祭日 2018」vol.2 ~レピュブリック通り~

音楽の祭日 2018 vol.1 ~リヨン7区~ の続きです。

21時のリヨン2区繁華街「レピュブリック通り」にやってきました。

ベルクール広場からオペラ座まで歩きます。最初に見つけたバンドはまだ準備中のようす、家電量販店「フナック」の前ではストリートダンスしてました。伝統的な竹笛(?)のような演奏は普段もよく見る光景です。

1530175657553-800x533.jpg

レピュブリック広場
夏は、噴水で水浴びする人多数。

今週から気温がぐんぐん上がって、日中は30℃前後、夜も窓開けて寝てるくらいなので、夜の噴水も涼しいのかも。

1530175712074-800x533.jpg

百貨店プランタン前

スペイン音楽が、子供たちに人気でした。

コルドリエ駅からオペラ座まで、歩行者天国

1530175787714-800x533.jpg

リヨンのブルス宮殿の脇に、大型トラックが停まってます。

車が突っ込むテロ防止策で、人が集まるお祭り会場には、このように通りを車でふさぐのをよく目にするようになりました。

合唱してました。

1530175812707-800x533.jpg

21:40 平日の夜ですが、まだまだ人通り多いです。

音楽はあちこち聞こえるものの、お店のスピーカーからで、生演奏は少なかったです。

1530175839513-800x533.jpg

お祭りなので、いつもは19時頃閉店する繁華街のパティスリーやパン屋さんがまだ営業してました。

オペラ座に到着

1530175956520-800x533.jpg

賑やかな音楽が聞こえてきました。

オペラ座前は、きっと大いに盛り上がっているのだろうなと思って行ったのですが、ダンスしてる若者が集まっていたくらいで、音楽的なのはやってませんでした。

長くなったので、テロー広場からの帰り道は次で。

⇒音楽の祭日 2018 vol.3 ~リヨン1区オペラ座周辺~

【行事】フランス中が音楽であふれる「音楽の祭日 2018」vol.1 ~リヨン7区~

20180628003133751.jpg

毎年6月21日は、フランス全土で音楽の祭日Fête de la Musique(フェット・ド・ラ・ミュージック)が開催されます。

フランス全土でプロ・アマチュア問わず、ステージや路上など街中のいたるところで、誰もが自由に演奏披露できます。

今年は、リヨン7区の住宅街と移民街とリヨン2区の繁華街レピュブリック通りを歩いてみました。

住宅街でも、深夜まで演奏してもいい日

15時半頃から、地響きを感じるほどの爆音で、近所で音楽が聞こえ始めました。

家の窓を閉めていても外からよく聞こえます。日本なら確実に近所迷惑とクレームがありそうですが、音楽の祭日の日は深夜2時まで演奏してもいいんだそうです。

今日は平日。国の公式サイトによると「6月21日が平日の場合、演奏は深夜0時半まで」ですが、このルールを知ってる人はいるのでしょうか。

20時半に外に出ると、近所は右も左も音楽だらけで、お祭りモード全開でした。

移民街ギヨティエール地区は、アフリカ人街、アラブ街は大音量で盛り上がっていて、中華街は別空間のように静か~で、通りを抜けてるとまたお祭りモードで賑やかでした。

1530114855157-800x533.jpg

ラスパイユ広場(Place Raspail)の木々の花が、ピンク色に染まって綺麗でした。

夏のローヌ河のようす

1530115013815-800x533.jpg

夏の夕方(といってももうすぐ21時ですが…)

この時期の夕方は、空が赤く染まります。

1530114942561-800x533.jpg

フランスの祭り屋台の定番「ケバブ」

ギヨティエール橋は、お祭りになるといつもここにケバブ屋台が出てます。

日本では「祭り」=「屋台」ですが、マルシェ・ド・ノエル(クリスマス市)をのぞいて、リヨンでは祭りの時も屋台はあまり見ないです。

1530115129250-800x533.jpg

ローヌ河沿い

5月~9月にかけて、毎晩夕涼みにビールを持ち寄って、乾杯しに人が集まるのでにぎやかです。

特に暑い6月・7月・8月のおすすめスポットです。
川沿いは風がある日は、座ってると肌寒いので、羽織もの忘れずに。

1530115197991-800x533.jpg

対岸にたたずむ「グラン・オテル・デュー」

⇒ 今注目のショッピングスポット「グラン・オテル・デュー

1530139485902-800x600.jpg

空が赤いので、リヨンで一番高い「インシティータワー」もピンク色に染まってました。

ここもで音楽が聞こえます。

音楽の祭日 2018 vol.2 ~リヨン2区レピュブリック通り~につづく

【子供】フランスのおもちゃ屋さん、0〜12歳の乳幼児用「オキシビュル・エヴェイユ・エ・ジュー」Oxybul Eveil et Jeux

20180609_こども_ショッピング (1)

ショッピングセンター「ラ・パールデュー」2階(日本の3階)にある子供のおもちゃ専門店。

おもちゃ、絵本、コスプレ(お姫様ドレスとか)、子供用パーティーグッズなど揃っています。

先回は、知人の誕生日会用にバルーンのヘリウムガスをここで買いました。ほかのお店でなかなか見つからなくて、閉店間際に「もしかしたらここに…」と思い寄ってみたら、売ってて助かりました。

今回は、出産祝いのプレゼントを探しに来ました。
2組のカップルへの贈り物で、一人は生後3ヵ月、もうひとりは1歳です。

ベビー用ぬいぐるみ「かば」

20180609_こども_ショッピング (2)

さっそく可愛いカバを発見。
0歳~。葉っぱを加えたぼへ~っとした顔が癒されます。

Peluche d'activités Axel l'hippo 24.99€

弾む!牛のバランス遊具

20180609_こども_ショッピング (4)

1歳の子へは、前から気に入ってた牛にしました。

Animal sauteur vache 24,99€

日本の家族へのお土産にもどうかなと、日本の値段と調べてみました。

楽天 7,344円

アマゾン 2,499円(セール価格)

でした。

赤ちゃん用コーナー

20180609_こども_ショッピング (3)

20180609_こども_ショッピング (5)

3カ月の子には、背中に乗れるロバにしました。

さっきのカバと同じくやさしい手触り。押すとメロディーが鳴る人参とか、足の裏に鏡がついてたり、アイテムがいろいろついてます。背中の鞍は、青と赤のリバーシブルになってます。

Grande peluche d'activités l'âne Titus 39,99€

【オキシビュル・エヴェイユ・エ・ジュー】Oxybul Eveil et Jeux

◆リヨン2区 メルシエール店
所在地 2 Rue Thomassin, 69002 Lyon
営業時間 10:00 - 19:00
定休日 日曜日
アクセス 地下鉄A線Cordeliers(コルドリエ)駅
URL www.oxybul.com

◆リヨン3区 リヨン・パールデュー店
所在地 C.C. La Part-Dieu 69003 Lyon(館内マップ
営業時間 9:30 - 20:00
定休日 日曜日
アクセス 地下鉄B線Part-Dieu(パールデュー)駅

【ローヌ・アルプ地方】7月・8月のイベント・お祭り

フランス ローヌアルプ地方で行われる7月・8月のイベントをご紹介します。

ローヌ・アルプ地方5月・6月のイベント

ローヌ・アルプ地方9月・10月のイベント

サヴォワチーズ祭り

Fête des Fromages de Savoie

開催 2018年7月8日(日)

場所 Les Saisies (レ・セジー/サヴォワ県)

ピコドンチーズ祭り

Fête du Picodon

開催 2018年7月14日(土)・15日(日)(7月の第三週の週末)

場所 Saoû (サウ/ドローム県)

アヌシー湖祭り

Fête du Lac d'Annecy

開催 2018年8月4日(土)

場所 Annecy (アヌシー/オートサヴォワ県)

ロブロションチーズ祭り

Fête du Reblochon

開催 2018年8月12日(日)

場所 La Clusaz (ラ・クリュサ/オートサヴォワ県)

シャモニーガイド祭り

La Fête des Guides de Chamonix

開催 毎年8月

場所 Chamonix Mont-Blanc (シャモニー/オートサヴォワ県)

玉ねぎ市

Foire aux oignons

開催 毎年8月29日

場所 Tournon-sur-Rhône (トゥルノン・シュル・ローヌ/アルデーシュ県)

【ショッピング】リヨンのキッチン用品店・プロ向け専門店めぐり

リヨンの製菓道具・料理道具店リストです。

パリには、E.DEHILLERIN (ウ・ドイルラン)、La Vaissellerie (ラ・ヴェセルリ)など、魅力的なキッチン用品店があるらしい。
『美食の都』と呼ばれるリヨンにも、そんなお店がないのだろうかと探し歩いてまとめてみました。

※お店情報更新ごとに、写真とリンク張っていきます。

家庭向けキッチン用品店

旅行者もぶらりと入りやすいお店です。

Alice Delice(アリス・デリス)

リヨン2区のアーケードにある、2002年創業のフランス北部・リール生まれのキッチン用品店です。

有名なブランド商品や便利なキッチングッズ、調理器具、子供用の可愛い調理道具、レシピ本など、いろんなキッチングッズがそろってます。

所在地 80 Rue du Président Edouard Herriot, 69002 Lyon
URL https://www.alicedelice.com

Scrapcooking(スクラップクッキング)

2005年にスタートしたフランスのオリジナルブランド。製菓材料やパーティグッズなど、お菓子作りを楽しむキッズ系の可愛い製菓用品を販売してます。

所在地 4 Rue de Brest, 69002 Lyon
URL https://www.scrapcooking.fr

Du bruit dans la cuisine(デュ・ブリュイ・ドン・ラ・キュイジンヌ)

ショッピングセンター「パールデュー」の3階(日本の4階)にあるキッチン用品専門店。

おしゃれでユニークなデザインのキッチングッズ、有名なキッチン用品などが揃っていて、はじめてでも気軽に出入しやすい雰囲気のお店です。店内で、定期的に新しいキッチン用品を使った調理のデモンストレーションを行っています。

所在地 Centre Commercial La Part Dieu, 17 Rue du Dr Bouchut, 69003 Lyon
URL http://dubruitdanslacuisine.fr

BHV(ベ・アッシュ・ヴェ)

ショッピングセンター「パールデュー」の3階(日本の4階)にある、日曜大工グッズと生活雑貨に特化したお店。なんでも揃ってるだけに、全体的に値段がやや高めです。ここで7ユーロ見つけた角砂糖ボックスと同じものを、カルフールスーパーで2.50ユーロで買いました。そして、商品の管理があまり丁寧でないというのが正直な感想で、食器類は傷などよ~くチェックしてから購入したほうがいいです。

Galeries Lafayette(ギャラリー・ラファイエット)

ショッピングセンター「ラ・パールデュー」にある百貨店です。地下のキッチン用品コーナーで、有名なキッチン用品や食器類を販売してます。

街の販売店

In Cuisine(イン・キュイジンヌ)

ベルクール広場にある料理関係の本屋さん&料理教室&カフェ&アトリエと、いろいろできるリヨンのお店。

カラフルで可愛い感じの店内。キッチングッズは少なめですが、料理書探しにぶらりと入ってお茶もできる。料理家のサイン会など、イベントもよくやってます。

所在地 1 Place Bellecour, 69002 Lyon
URL https://www.incuisine.fr

Appoint (アポワン)

テロー広場の近く、有名メーカーのキッチン用品が安く手に入るお店。通るたびに掘り出し物がないかのぞいてます。yelpに写真が投稿されてます。

所在地 23 Bis r Paul Chenavard, 69001 LYON

La p'tite cocotte(ラ・プティトゥ・ココット)

クロワルースの丘にあるキッチングッズ専門店。小さなお店ですが、商品の陳列がきれいで探しやすいし、ぎゅっとつまった感じなので見てて楽しいです。

所在地 7 Rue Victor Fort, 69004 Lyon
所在地 24 Cours Franklin Roosevelt, 69006 Lyon
所在地 115 Avenue des Frères Lumière, 69008 Lyon
URL https://www.facebook.com/thpetitecocotte/

Le Torchon à Carreaux(ル・トション・ア・キャロ)

日本には売ってなさそうな、フランスっぽいデザインのキッチングッズを置いてる。facebookに店内の商品がいくつか紹介されてます。コーヒーカップ、鍋蓋、トーション、テーブルクロス、買い物カートなど。

所在地 83 Grande Rue de la Croix-Rousse, 69004 Lyon

Michel & Cie(ミシェル・エ・コンパニー)

まだ行ったことないお店。

所在地 144 rue Vendôme 69006 Lyon
URL http://www.micheletcie.com/accueil.html

プロ向け

Thevenon(テヴノン)

リヨン中央市場のとなりと向かいにあるプロ業務用の専門店。向かいのCuisine&Passionは、鍋、フライパン、包丁など扱ってます。陳列が結構スカスカであまり商品がなかったです。市場隣のPROは、レストランで使う業務用のバットや機器などを扱っています。

所在地 105 Cours Lafayette, 69006 Lyon(Thevenon-Cuisine&Passion
所在地 90 Cours Lafayette 69003 LYON(Thevenon PRO
URL http://www.cuisineetpassion.com

Déco Relief (デコ・レリーフ)

フランスの業務用の製菓道具を取り扱っています。
店員さんも親切。ネットで商品が探せるので、行く前に買いたいものチェックしておくといいかも。

所在地 70 Rue Auguste Comte, 69002 Lyon
URL https://www.deco-relief.fr

A. Simon(ア・シモン)

まだ行ったことないお店。

所在地 6 rue du Plat 69002 Lyon
https://www.yelp.fr/biz/a-simon-lyon

La Bovida(ラ・ボヴィダ)

まだ行ったことないお店。「ア・シモン」と並んで、パリでは有名らしい。

所在地 8 Rue Ferrandière, 69002 Lyon
URL https://www.labovida.com

【行事】2年に1度の世界的なダンスの祭典「リヨン・ダンス・ビエンナーレ」

偶数年のダンスと奇数年の現代アートが、毎年交互に行われるリヨンの芸術祭 Biennale de Lyon(リヨンビエンナーレ)。

2018年は偶数年なので、ダンスビエンナーレが開催されます。

⇒ リヨン現代アートビエンナーレについて

リヨンのダンスビエンナーレ

今年で第18回を迎えるリヨンのダンスビエンナーレは、2018年9月11日~9月30日まで。

ハイライトの4500〜5000人のダンサーが集結する大パレードは、2018年9月16日日曜日の14時30分にレピュブリック大通りで行われます。テロー広場からベルクール広場まで歩きます。

6月6日から7月22日までチケット販売

オンライン、またはベルクール広場の観光案内所で、火曜日~土曜日の12時~18時まで、各イベントのチケット販売しています。

予約サイト

【リヨンのダンスビエンナーレ】Biennale de la danse de Lyon

開催 2018年9月11日~9月30日

【スーパーの食品】簡単でおいしい!冷凍食品専門店ピカールの「スムージー用フルーツ」Fruits pour Smoothie

20180606_ピカール_スムージー (1)

先日買ったピカールのスムージー用冷凍フルーツを試してみました。

一袋450 g(3.95 €=約500円)です。 8.77 €/kg

まずは黄色のマンゴー味。

マンゴー、ブドウ、ホオズキ(フィザリス=Physalis)、パッションフルーツジュースの4種類のフルーツを使ってます。

袋を開けると、150gの小袋が3つ入っています。

※1ユーロ=128円

ピーカールスムージーの作り方

20180606_ピカール_スムージー (2)

材料(一人分250ml)

・ピカールの冷凍フルーツ 1袋150g

・ジュース(125ml) または ヨーグルト(1パック125g)

フランスの食べきりサイズのヨーグルトは、だいたい125gです。

ジュースの代わりに

水、ココナッツウォーター(eau de coco)、牛乳、植物性ミルクなどを入れてもいいそうです。

植物性ミルク(lait végétal)は、スーパーのBIOコーナーにいろんな種類を置いてます。Bjorgビヨルグ)というブランドがよく知られています。

豆乳、米ミルク、麻の実の「ヘンプミルク」(chanvre)、オート麦の「オーツミルク」(avoine)、アーモンドミルク、ヘーゼルナッツミルク、ココナッツミルク、カシューナッツミルクなど、いろいろありました。

作り方

冷凍フルーツを常温に10分置く。

ジュースまたはヨーグルを加えて、1~2分ミキサーにかける。

黄色のマンゴー味スムージー作ってみた

20180606_ピカール_スムージー (3)

小袋に入ってるフルーツ

マンゴー(12個)、ブドウ(7個)、ホオズキ(Physalis=フィザリス)6個、パッションフルーツジュース(見当たらないから、コーティングされてる?)。

今回は、ヨーグルトとオレンジジュース入れました。(レシピはどちらか一つなんだけど、間違えた。)

ジュースバー「ズモ」と比較

20180606_ピカール_スムージー (4)

お気に入りのジュースバー「ズモ」の小サイズ(350ml)カップに入れてみました。

ジュース(125ml)とヨーグルト(125g)どっちも入れたので、ジュース分入りきらず残りました。分量通り作れば、出来上がる量はズモとピカール同じくらいみたいです。

⇒ズモについては、こちら

値段比較

ズモ 4.50€(小カップ)

ピカール 1.75€(1人分)😄(1.32+0.43)

フルーツ小袋 3.95€÷3=1.32€

プレーンヨーグルト1個(Yaourts nature U 12パックx125g)1,65€÷12=0.13€

または

オレンジジュース(トロピカーナBIO 750ml)2.61×125ml÷750ml=0.43€

簡単で美味しかったので、また作ろう。おススメです。

ズモのスムージーが大好きで、家でも再現できないかと、毎回買う時に作り方を眺めてました。

ズモのは、フローズンヨーグルト+生フルーツ+フレッシュオレンジジュースで作ってたので、次はヨーグルト凍らせて作ってみます。

赤いイチゴ味スムージーを試してみた

20180608_ピカール_スムージー (1)

今日は苺。

作り方と値段は、マンゴー味と同じです。

20180608_ピカール_スムージー (2)

バナナ、ブルーベリー、フランボワーズ、苺、グリーンレモン。

バナナが苦手なのですが(におい、食感、味がダメ)、数が少ないので、とりあえずそのまま作ってみました。

20180608_ピカール_スムージー (3)20180608_ピカール_スムージー (4)

ハンドブレンダー使いました。

フランスで定番のMoulinex(ムリネックス)というブランドで、30€以下(約3800円)で買えます。

初めて買ったハンドミキサーで、ほかの機械はどうなのかわかりませんが、使用中ボタンを押す指が振動で痛いのが悩み。つかんでいる本体部分がすぐに熱くなります。でも容器の底にカッターがないので、ブレンドするプラスティック容器も、取り外しできるミキサー部分も、ささっと洗いやすいのが気に入ってます。

20180608_ピカール_スムージー (5)20180608_ピカール_スムージー (6)

今回はズモ風に、凍らせたフローズンヨーグルトを使ってみました。

ヨーグルトがカチカチだったので、ミキサーの歯がやられるかも…と心配しながらも、オレンジジュースを少し入れて溶かしつつやってみた。

普通のヨーグルトを使った先回よりも、凍ったものの分量が多かったので、ジェラートみたいな感じで固めに仕上がりました。スプーンですくって食べました。これはこれで美味しい。

少しバナナの味と香りを感じましたが、我慢できる量でした。でも次回からは、入れないで作ろう。

スムージー用フルーツは、この他にも販売しています。

緑のパッケージのパイナップル、バナナ、パパイヤ、ほうれん草、ミント。

黄色いパッケージのマンゴー、キウイ、バナナ、グアバ、アセロラ。

今日ピカールに行ったら、スイカ入りの新シリーズも増えてました。

ブレンダー持ってる方は、ぜひお試しください。

【スポーツ】フランスの伝統的な水上競技「ジュット」

20180603_船員のパルドン祭り (35)

6月3日(日)にリヨン2区コンフリュアンスの港で、水上槍試合「ジュット」(Joute nautique)の試合をやってました。

コンフリュアンスの「船員のパルドン祭」の続きです。

日本のテレビで、南フランスのジュット大会が放送されました

実際に見るのは初めてですが、前に日本のテレビで見たことある競技でした。

フジテレビ系列で2013年9月11日(水)放送された「世界行ってみたらホントはこんなトコだった!?」でも意外だらけだったフランスに2時間で行った気になれるSP(タイトル長い…)で、南フランス・セットのジュット大会に、庄司孝ディレクターが参加して、翌日地元新聞に大きく掲示されました。

フランス_ジュットフランス_ジュット (2)

ジュットの槍

20180603_船員のパルドン祭り (24)20180603_船員のパルドン祭り (25)

先はギザギザした鉄がついてます。

近くで見ると、思ってたより太くて重そう。突く前に、この先を相手の的に合わせるのがまず難しそうです。

20180603_船員のパルドン祭り (26)

持ち手部分。

竹竿よりも太めです。

持つ様子を眺めてみました。

20180603_船員のパルドン祭り (27)

好みがあるのか、船にある数本の中から選んでました。

よっこらしょと持ち上げて、船が接近する前にスタンバイします。

20180603_船員のパルドン祭り (28)

太もも辺りにクッションをつけています。

突き合うときに、このクッション部分に、持ち手の先端をつけて踏ん張るみたいです。

20180603_船員のパルドン祭り (29)

長い。

20180603_船員のパルドン祭り (30)

接近したら前かがみになって、相手が持つ的に狙いを定めます。

20180603_船員のパルドン祭り (31)

突き合って、相手を落とした方が勝ち。

落ちなくても、槍から手を離してしまった場合も、負けになるようです。

20180603_船員のパルドン祭り (32)

度々勝っていた選手。

いっしょに乗っている人は、ひとりの選手の対戦が終わると交代してました。

最初は赤と青のチーム戦だと思っていましたが、いろんなチームが集結してるみたいです。

20180603_船員のパルドン祭り (34)

この港は、以前工場跡地だったコンフリュアンス地区の開発工事の際(10年か15年くらい前)に作られたそうです。観客が座れる階段があって、まわりの景色もよくて、今は試合をするのにピッタリの場所です。ここができる前は、どこでやってたんでしょうね。

父から子へ、代々伝えられる伝統的なスポーツ

20180603_船員のパルドン祭り (77)

男の子が、練習してました。

後ろに立って足を支えるコスチュームを着た方は、お父さんかと思いましたが、

この後の試合で、「アレー!トントン!(頑張ってー!おじさん!)」とさっきの男の子が声援してました。親戚の方だったんですね。

船に乗っている人たち

20180603_船員のパルドン祭り (36)

選手と一緒に船に乗ってるのは、次の選手と船のコントロールをする人たち。

片側に体重をかけ、突きあうときに船を傾けます。

20180603_船員のパルドン祭り (38)

20180603_船員のパルドン祭り (39)

突かれて、倒れて落ちるときに、船に頭をぶつけて落ちる人もいます。

傾ける側の船には、クッションがついています。船に乗ってる人も突きあう瞬間構えて、倒れて激突しそうな時フォローをしていました。

ジュットのリヨン情報について検索してたら、UJSMというリヨンチームのサイトを見つけました。

https://www.ujsm-joutes.fr

2017年のフランスチャンピオン選手

20180603_船員のパルドン祭り (37)

選手の開脚力。

戦うときのバランスを保つポイントなのかも。

20180603_船員のパルドン祭り (42)

「2017年フランスチャンピオン」のコスチュームを着た選手が何人かいました。

20180603_船員のパルドン祭り (40)

20180603_船員のパルドン祭り (41)

16日(土)・17日(日)には、フランスチャンピオンカップの予選試合が近郊のコンドリューで開催されるそうです。

Challenge de joutes

開催 2018年6月16日(土)14時~、6月17日(日)9時~

場所 83 D386 - 69420 Condrieu

URL http://rhone.planetekiosque.com/163-503596-5-challenge-joutes.html

【行事】コンフリュアンスの「船員のパルドン祭」 Le Pardon des mariniers de Lyon 2018

20180603_船員のパルドン祭り (1)

2018年6月3日(日)くもり 27℃/16℃

リヨン2区のコンフリュアンスで毎年開催される「船員のパルドン祭り」に行ってきました。

伝統的な水上競技「ジュット」

20180603_船員のパルドン祭り (2)

ショピングモール向かいの港で、伝統的な水上競技ジュット(Joute)の試合をやっていました。

20180603_船員のパルドン祭り (6)

二隻の小舟の各舳先に、槍と盾を持った選手が立ち、

20180603_船員のパルドン祭り (7)

すれ違いざまに相手を槍で突いて落とす競技です。

20180603_船員のパルドン祭り (8)

フランスの伝統的な水上競技「ジュット」

20180603_船員のパルドン祭り (3)

お昼時

ショッピングモール3階のレストラン街のテラスから、昼食とりながら観戦している人もいます。

座ってみたら柵でよく見えなかったので、気になっていたハンバーガー屋さんへ行ってテイクアウトすることにしました。

Steak 'n Shakeのハンバーガー食べながら観戦

20180603_ハンバーガー_ステーキ・アンド・シェイク (5)

去年オープンしたアメリカの老舗ハンバーガーチェーン店「ステーキ・アンド・シェイク」。

ハンバーガーのフライドポテトセット(8.45€)+ドリンク(2.50€)で、一人10.95€でした。

Steak 'n Shakeのハンバーガー

20180603_船員のパルドン祭り (9)

帽子で顔を隠して遊びながら、トタトタ歩きでパパについてく女の子。

20180603_船員のパルドン祭り (10)

対岸では、音楽隊が元気に演奏中。

水難救助犬

20180603_船員のパルドン祭り (11)

ジュットの試合のとなりでは、水難救助犬の訓練の様子を紹介してます。

救助者の手を、やさしく咥えて、引いて岸まで連れて行きます。

20180603_船員のパルドン祭り (14)

警察のボート

20180603_船員のパルドン祭り (13)

ソーヌ川の観光クルーズ船

子供の遊び場

20180603_船員のパルドン祭り (16)

20180603_船員のパルドン祭り (15)

マリオの巨大バルーンすべり台。

楽しそう。

泳ぐことが大好きなニューファンドランド

20180603_船員のパルドン祭り (17)

再び水難救助犬。

5人の人を引っ張ってます。

20180603_船員のパルドン祭り (18)

大人と並んでも大きい。子供なら背中に乗れそうですね。

20180603_船員のパルドン祭り (19)

ニューファンドランドという犬種で、泳ぐことが大好きだそうです。

参照:

パワフルな水難救助犬!超大型犬のニューファンドランドの性格と飼い方

海を守るアソシアシオン

20180603_船員のパルドン祭り (20)

川沿いにテントが並んでいて、

20180603_船員のパルドン祭り (21)

海と海の生き物を守るボランティア団体が、環境と活動について説明しています。

20180603_船員のパルドン祭り (22)

船乗りの学校が、船上見学をやってました。

午前中はミサがあります

このミサとイベントは、減少するマリニエ(船乗り)の仕事を知ってもらい、応援するために行われているそうです。

【船員のパルドン祭】Le Pardon des mariniers de Lyon

開催 2018年6月3日(日)

場所 Quai Antoine Riboud, 69002 Lyon

【ファストフード】アメリカの老舗ハンバーガーチェーン店「ステーキ・アンド・シェイク」Steak 'n Shake

2017年にオープンした、創業1934年のアメリカの老舗バーガーチェーン「ステーキ・アンド・シェイク」に行ってきました。

現地アメリカのブログ情報によると、こだわりのハンバーガーとミルクシェークで有名なお店だそうです。

リヨンには、現在パールデュー店とコンフリュアンス店の2店舗あります。その他、パリ、マルセイユ、ボルドーなど、フランス各地に出店しています。

参照:
1934年から続く老舗ハンバーガー屋、Staek'n Shakeのニューヨーク1号店オープン!!!

「ステーキ・アンド・シェイク」リヨン・コンフリュアンス店

20180603_ハンバーガー_ステーキ・アンド・シェイク (2)

今回訪れたのは、ショッピングモール「コンフリュアンス」の3階レストラン街にあるお店です。

赤白黒のカラーで統一された店内。オープンしたばかりで、店内とお手洗いきれいでした。

日曜日も開いています。

メニュー

ハンバーガー&フライドポテト 

フランス産の牛肉100%で作られたハンバーガー。自家製フライドポテトがついてきます。冷凍ではなく、じゃが芋をお店でカットして作ってるそうです。

オリジナルバーガーはこちらの2種類。

ORIGINAL DOUBLE ‘N CHEESE® オリジナルダブル&チーズ
(ダブルハンバーグ、アメリカンチーズ、サラダ、ピクルス、トマト、玉ねぎ、ケチャップ)

SIGNATURE STEAKBURGER™ シニアチュール・ステークバーガー
(100%牛肉ハンバーグ、アメリカンチーズ、サラダ、ピクルス、トマト、紫玉ねぎ、ケチャップ)

このほかにも、自家製アボカドペースト「ワカモレ」(GUACAMOLE)、マッシュルーム、エメンタルチーズを使ったグリルマッシュルーム&スイス(GRILLED MUSHROOM ‘N SWISS)など、7種類あります。

ミルクセーキ MILKSHAKES

チョコレート、バニラ、苺の3種類。

このほかスペシャルミルクセーキが、バナナ、チョコレートマカロン、ヌテラバナナ、オレオクッキークリームなど13種類あります。

注文の流れ

20180603_ハンバーガー_ステーキ・アンド・シェイク (1)

1、今回はシニアチュール・ステークバーガーとドリンクを注文しました。ドリンク付きのメニューはないみたいです。

2、持ち帰り(オン・ポフテ)または店内で食べる(シュール・プラス)のか聞かれます。

3、フライドポテトのトッピングを聞かれます。

トッピングなし、溶かしチェダーチーズ、チェダーチーズ&ベーコン、イタリアンチーズ&ハーブ、塩&ヴィネガー、塩&コショウから選べます。

4、支払いをした後、ドリンクと呼び鈴を受け取って、となりのカウンターで待ちます。

20180603_ハンバーガー_ステーキ・アンド・シェイク (3)

ガス入りの水「ペリエ」と「オランジーナ」。
普通サイズのカップです。大きいサイズもあります。

今回はオン・ポフテ(持ち帰り)にしました

20180603_ハンバーガー_ステーキ・アンド・シェイク (4)

縦長のボックスに入った細めのフライドポテト。

ケチャップとマヨネーズが自動でついてきます。(フランスのチェーン店のハンバーガー屋さんは、だいたいいつもついてきます。)

20180603_ハンバーガー_ステーキ・アンド・シェイク (6)

ハンバーガーは、紙箱入り。

蓋を開けると、さっと持って食べれる感じに紙に包まれて、ハンバーガーが入ってます。

いただきます

20180603_ハンバーガー_ステーキ・アンド・シェイク (5)

お肉は、挽き肉を練らずに型どったハンバーグ。

素材の味って感じで、普通においしい。

間違いなくマクドナルドより健康的で良いハンバーガーです。食べた後で、変に胃もたれしません。

≪感想≫チェーン店のおいしい順
1、ステーキ・アンド・シェイク
2、ボキューズバーガーのウェスト・エクスプレス
3、バーガーキング
4、マクドナルド

【ステーキ・アンド・シェイク】Steak 'n Shake

◆コンフリュアンス店(Confluence)

所在地 112 Cours Charlemagne, 69002 Lyon

営業時間 11h – 23h(※金土は、11時~24時まで)

定休日 なし

URL steaknshake.fr

Facebook

◆パールデュー店(Part Dieu)

所在地 17 rue du Dr Bouchut, 69003 Lyon(ショッピングセンター内4階)

営業時間 11h – 23h

定休日 なし

【フランス食材】スーパーの苺「フレーズ」fraise vol.1

20180531_スーパー_いちご (1)

リヨン2区のスーパー「カルフール」で苺買いました。

5月は苺が旬で、果物コーナーにメインで並んでます。3種類あったので、2つ買って食べ比べしてみました。

※1ユーロ=127円

苺1パックは、小250~300gまたは大500g

フランス産の「フレーズ・ロンド」Fraise Ronde

1パック500g 3.99€(7.98€/kg=約1020円)

フランス産の「マラ・デ・ボワ」Mara des bois

1パック250g 3.40€(13.90€/kg=約1770円)

フランス産の「ガリゲット」Gariguette

1パック250g 2.59€(10.36€/kg=約1320円)

201806012353059e9.jpg

細長くとんがったガリゲット(左)

ふっくら三角型のマラ・デ・ボワ(右)

細長いガリゲットは、実がしっかりしてて甘ずっぱい、マラ・デ・ボワの方が香りがよく、甘くて柔らかかった。

苺の品種メモ

La fraise Ronde(フレーズ・ロンド)
3月中旬から11月中旬まで
大きくて甘い。

La Ciflorette(シフロレット)
3月から7月の終わりまで
フランスではまだ生産の少ない苺。香りがよく甘い。

La Charlotte(シャーロット)
6月から霜が降りるまで
マラ・デ・ボワと同じく野生の苺っぽい。

★La Gariguette(ガリゲット)
3月から6月中旬まで
春を告げる苺。細長く、柔らかくてジューシー。甘酸っぱい。

★La mara des Bois(マラ・デ・ボワ)
5月から最初の霧まで

参考:

www.grouperouquette.fr

【アクセス】夏の日曜日限定、リヨン近郊「ヴィエンヌ」と「ピラ自然公園」行きバス

1532428524826.jpg

毎年7月~9月の日曜日に運行する、リヨン近郊の町「ヴィエンヌ」と「ピラ自然公園」行きの日帰りバス。

遺跡の街ヴィエンヌと、その他3つの町に停まり、緑と素晴らしい眺めのピラ自然公園が終点です。

ロワール県の公共交通機関「TIL」が、2018年6月17日(日)~9月30日(日)まで運行します。

片道2€。切符は当日バス車内で支払いますが、席が限られているので、事前に電話予約した方がいいです。

運行ルート「リヨン~ヴィエンヌ~ピラ」

リヨン発は8時の1本だけですが、ヴィエンヌから午後にもう1本バスが出ているので、途中下車をして2ヶ所観光することができます。

おすすめは、午前にヴィエンヌで下りて観光、お昼を食べた後、午後のバスでピラへ行ってハイキングです。

ハイキングが好きな人は、最初から終点のピラまで行って、一日ハイキングを楽しむのもいいです。(終点の周辺にはお店がないので、お弁当持っていきましょう。)

ヴィエンヌ VIENNE

1532428551116.jpg

ヴィエンヌは、地球の歩き方のガイドブックにも紹介されてる日帰り観光スポット。

ローマ時代に海上交易で栄えた町で、町中に遺跡が多く残っています。丘の上にはローマ時代の野外劇場があり、夏は毎年恒例のコンサート「ジャズ・フェスティヴァル」が行われます。

ピラミッドの遺跡近くにある、フランス料理界の巨匠アラン・シャペルやポール・ボキューズを輩出したフレンチの名店、ミシュラン2つ星のレストラン「ピラミッド」も有名です。

リヨンからは、普通列車TERで約20分(7.20€)。TILバスは約40分(2€)です。

【リヨンから日帰り】TILバスに乗って「ヴィエンヌ」と「ピラ自然公園」へ

コンドリュー CONDRIEU

1532428600681.jpg

「ヴィオニエ」というブドウ品種のみを栽培する白ワインで有名な産地で、コート・デュ・ローヌのワイン巡りツアーの観光の1つです。ここで降りたことがないので、正確な停留所の位置はわからないのですが、バスはローヌ河沿いのワイン畑の丘の脇を走ります。

【コンドリュー観光案内所】

所在地 Place Sequoia, 69420 Condrieu

営業時間  9h30-13h、14h-18h(7月~9月は毎日営業、詳しくはこちら。)

サン=クレア=デュ=ローヌ Saint-Clair-du-Rhône

2018年から新たに加わった停留所です。

観光スポットは特にはなさそうです。

シャヴァネ CHAVANAY

1532428623944.jpg

丘の途中にある町。バスはこの屋根のホールの前に停まります。観光スポットはこちら

停留所 Place de la Halle, 42410 Chavanay

ペリュサン PÉLUSSIN

1532428652478.jpg

観光地ではないけれど、山の小さな田舎街の風景を散歩できます。

途中下車をして、観光案内所で散歩コースのマップをもらい、次のピラ行のバス時間まで街歩きしたり、マルシェでお昼を買ってピクニックして過ごしました。のんびりできてなかなか楽しかったです。

【リヨンから日帰り】TILバスに乗って「ペリュサン」と「ピラ自然公園」へ

ピラ地方自然公園 PILA

1532428669198.jpg

ピラの停留所は3か所あります。

◆Le collet de doizieux

宿泊設備を備えたレストラン「Auberge du Collet de Doizieux」の前に停車。

所在地 La croix du Collet, 42740 Doizieux

↓徒歩24分

◆Madelaine / Pilat'venture

自然の中のアスレチック施設 Parc Pilat'Venture(ピラヴァンチュール公園)の近くに停まるみたいです。

所在地 la Madeleine 42410 Pélussin

料金 大人18€、子供10€~

営業時間 10h-19h(7月~8月まで毎日、そのほか詳細はこちら

facebook

↓徒歩1時間

◆Col de L'oeillon

終点のピラ山頂。

「3つの歯」という名前のトワ・ドン山を登ったり、見晴らし台へ行ったり、野生のブルーベリーを摘んだり、ハイキングにぴったりです。天候が変わりやすいので、急な雨に備えて夏でも雨具やパーカー、歩きやすいスニーカーを要準備。

ピラ自然公園

バス時刻表

2018年の時刻表です。変更があるかもしれないので、サイトでダウンロードしてご確認ください。

◆行き「リヨン発 ⇒ ピラ方面」

2018_tilバス

◆帰り「ピラ発 ⇒ リヨン方面」

2018_tilバス_戻り

リヨンのバス乗り場

リヨンのバス乗り場は、2ヶ所です。

8:10 Hôtel-Dieu(オテル・デュー)

ローヌ川沿いのオテル・デュー前に停まります。

この他にも、いろいろなバスが停まる場所です。この記事の写真のTILバスは青ですが、色が違う場合もあるので、停まっているバスがあったら注意してみてください。乗り場の標識がないで、どこで待ってていいのか不安になりますが、見通しがいいのでバスきたらわかります。前回ここから乗ったときは、まだバスが停まっていなくて、5分前くらいにバスがギヨティエール橋を渡ってきました。

8:20 Gare Part-Dieu(パール・デュー駅)

パールデュー駅の地下鉄を出て、駅構内を通り、空港行きトラムが行き来する東側の「アルプ側出口」にあります。駅を出ると、目の前にバスターミナルが見えます。目立つオレンジの建物が目印です。

旅の注意点

1、バスは予約した方がいい。

 乗車人数を越えると乗れない場合があります。

2、小銭を要準備。

 両替機がないので準備しておきましょう。

3、暑くてもセーターと雨具持参。

 ピラ自然公園は、天候によって気温が大きく変わるので、暖かい上着と雨具忘れずに!歩きやすい靴と服装で行きましょう。

4、乗り遅れに要注意!

 リヨン発は1日1本だけ、行きも帰りも時間には余裕をもってバス停に行きましょう。

【TILバス】TIL découverte

131 Lyon-Vienne-Pilat

期間 2018年6月17日(日)~9月30日(日)

料金 片道2€

路線 131番Lyon - Vienne - Pilat(リヨン-ヴィエンヌ-ピラ)

予約 04 74 87 60 10(※遅くとも金曜の17時前までに。)

TILバス情報

8月のリヨンのイベント・行事・祝祭日 2018

20150809_ローヌ河

2018年8月のリヨンのイベント・行事と祝祭日をまとめてみました。

祝祭日は赤で書いてあります。*の印は、移動祝祭日です。

リヨンの7月イベント・行事・祝祭日

→ リヨンの9月イベント・行事・祝祭日

8月は…

フランスはバカンス期間中。

旅行前にレストランや施設の長期休業を要チェックしましょう。交通機関もバカンスのダイヤで運行するので、特にバスは要注意。

ローヌ河のバーは、夕涼みに深夜までにぎわう夏のおすすめスポットです。

8月のイベント・行事・祝祭日

聖母被昇天祭(Assomption

リヨン近郊の町ル・ピュイ=アン=ヴレーの「マリア祭」やノートル=ダム・デュ・ピュイで行われる国際的な聖母行列が有名。
祝日 8月15日(水)

その他

みんな出かけよう!(TOUT L'MONDE DEHORS !

リヨン市内の野外で、ダンス、映画、コンサートなど、さまざまなイベントが行われる。

開催 2018年6月21日~2018年9月1日

夏の大バーゲン(Soldes d'été)

年に2回、フランスで一斉に行われる5週間の大バーゲン。※地方によって開催期間が違うようです。

開催 2018年6月27日(水)8時~2018年8月7日(火)

7月のリヨンのイベント・行事・祝祭日 2018

20160714_革命記念日

2018年7月のリヨンのイベント・行事と祝祭日をまとめてみました。

祝祭日は赤で書いてあります。*の印は、移動祝祭日です。

リヨンの6月イベント・行事・祝祭日

リヨンの8月イベント・行事・祝祭日

7月は…

7月7日(土)~9月2日(月)まで、リヨンを含むAゾーンの夏休み (Vacances d'Été)です。

バカンス期間中は、施設やレストランが長期休業に入るので、旅行前に予約や営業日を要チェックしましょう。

7月のイベント・行事・祝祭日

フランス革命記念日(Fête Nationale)

毎年日が沈む22時半頃から、フルビエールの丘で花火が上がります。

祝日 7月14日(土)

ツール・ド・フランス(Tour de France

毎年7月に行われるフランスと周辺国を舞台にした自転車ロードレース。

だいたいこの大会が終わる頃に、多くの人がバカンスの長期休暇に入ります。

開催 2018年7月7日(土)~29日(日) 

その他

フルヴィエールの夜(Nuits de Fourvière

毎年古代ローマ劇場の夏のコンサート。有名なアーティストがリヨンを訪れます。毎年3月下旬からチケット販売開始。

開催 2018年6月1日~2018年7月28日(毎年6月上旬~8月上旬)

みんな出かけよう!(TOUT L'MONDE DEHORS !

リヨン市内の野外で、ダンス、映画、コンサートなど、さまざまなイベントが行われる。

開催 2018年6月21日~2018年9月1日

夏の大バーゲン(Soldes d'été)

年に2回、フランスで一斉に行われる5週間の大バーゲン。※地方によって開催期間が違うようです。

開催 2018年6月27日(水)8時~2018年8月7日(火)

6月のリヨンのイベント・行事・祝祭日 2018

20140621_イベント_音楽の祭日 (5)

2018年6月のリヨンのイベント・行事と祝祭日をまとめてみました。

フランスの祝祭日(フランス大使館サイト)

← 5月のリヨンのイベント・行事・祝祭日

→ 7月のリヨンのイベント・行事・祝祭日

6月は…

毎週イベントが盛りだくさん!そして、ローヌ河のプール開きの時期です。

ローヌ河沿いの船バーや芝生が夜遅くまで人で賑わいます。18時に行って、地元の人に交じって「ハッピーアワー」で乾杯しましょう。

6月17日から9月30日まで、毎週日曜日にリヨン~ピラ自然公園行のTILバスが、夏季限定で運行します。

6月のイベント・行事・祝祭日

フルヴィエールの夜(Nuits de Fourvière

毎年古代ローマ劇場の夏のコンサート。有名なアーティストがリヨンを訪れます。毎年3月下旬からチケット販売開始。

開催 2018年6月1日~2018年7月28日(毎年6月上旬~8月上旬)

船員のパルドン祭り(Le Pardon des mariniers de Lyon

船員のためのミサ、パレード、伝統的な水上競技 Joute(ジュット)の試合が行われます。毎年コンフリュアンスの港で9時30分~19時まで開催。

開催 2018年6月3日(日)9h30~19h

場所 Quartier Confluence 69002 Lyon

リヨン・バンド・デシネ祭り(Lyon BD Festival

フランスの漫画BD(バンド・デシネ)の作家200人の以上の展覧会、ワークショップなどが開かれます。

開催 2018年6月9日(土)・10日(日)

場所 オテル・ド・ヴィル(Hôtelde Ville)周辺

バンド・デシネ祭り

リヨンのクイズラリー(Re Lyon Nous

パズルを完成させるためクイズを解きながら、リヨンの街を探検するアドベンチャーイベント。(※事前に参加登録必要)

開催 2018年6月10日(日) 

ロー・リヨン・ヌー

父の日(Fête des Pères

開催 2018年6月17日(日)

音楽の祭日(Fête de la musique

毎年6月21日に開催されるフェット・ド・ラ・ミュージックは、夏至を祝う音楽の祭典で、プロ・アマを問わず、街のあちこちで世界中の音楽のコンサートやライブが一日中開催され、大半が無料で楽しめる。

開催 2018年6月21日(木)

音楽の祭日

みんな出かけよう!(TOUT L'MONDE DEHORS !

リヨン市内の野外で、ダンス、映画、コンサートなど、さまざまなイベントが行われる。

開催 2018年6月21日~2018年9月1日

領事祭(Fêtes Consulaires

毎年ベルクール広場で土日に行われる、世界各国の魅了を紹介するイベント。各国のブースで、観光紹介、伝統工芸品のデモンストレーション、自国の文字で名前を書いたり、お菓子や飲み物の試食を出して紹介します。ステージでは、伝統的なダンスやショーが披露されます。

開催 2018年6月23日(土)・24日(日)
23日11h-19h
24日11h-18h

夏の大バーゲン(Soldes d'été)

年に2回、フランスで一斉に行われる5週間の大バーゲン。※地方によって開催期間が違うようです。

開催 2018年6月27日(水)8時~2018年8月7日(火)

ヴィアローナ祭り(Viarhôna en fête)※今年は郊外で開催。

自転車、電動自転車、セグウェイほか、様々な催し物が行われる。2018年はリヨン郊外の町「ヴァランス」で開催されます。2017年はミリベル・ジョナジュ公園(Parc Miribel-Jonage)開催で10時~19時まで、参加費無料。

開催 2018年6月30日(土)・7月1日(日)

場所 Parc de loisirs de l’Epervière à Valence

このブログについて
フランス南東部リヨンの情報ブログ。日々の風景、観光情報、生活情報、リヨン発の旅、オーヴェルニュ・ローヌアルプ地方観光など。
私について

リヨン在住の日本人。(自己紹介は、こちら。)
地球の歩き方「リヨン特派員ブログ」も書いています。
http://tokuhain.arukikata.co.jp/lyon/

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。